歯並びが気になる

「歯並びが気になる」などのお悩みがある方は……

「歯並びが気になる」などのお悩みがある方は……

矯正治療で改善しましょう!

ラミネートベニアで改善しましょう!

セラミッククラウンで改善しましょう!

矯正治療で改善しましょう!

矯正治療で改善しましょう!

不正咬合(乱れた歯並びや噛み合わせ)を改善するのが矯正治療です。一般的なのは、歯にブラケットという装置を取り付け、そこにワイヤーを通して正しい位置に少しずつ歯を動かしていく「ワイヤー矯正」という方法。ブラケットには、歯をはやく動かせる金属製のものや目立ちにくいセラミック製のものなどがあります。

痛みにやさしく、歯を抜かず、短期間、そして良心的な矯正治療

医療法人のはら歯科クリニックでは、「痛みにやさしい」「抜かない」「スピーディー」を心がけ、患者さまに寄り添った非抜歯矯正を推奨しています。小臼歯4本抜歯するといったことはせず、大切な歯を守りながら安全に歯並び・咬み合わせを整えます。

料金に関しては、“明瞭にして安く”というのをモットーとしています。料金は比較的良心的に設定しており、検査料、治療費、保定料などをすべて含んだ費用となっております(すべての患者さまに領収書も発行しています)。

なお、治療立案時にご説明した治療期間以上に治療が長引いた場合、その分の治療費はいただきません。安心して治療をお受けください。

ラミネートベニアで改善しましょう!

ラミネートベニアとは、歯の表面を薄く削って板状のセラミックを貼り付ける施術です。歯の色を白くしたい場合だけでなく、軽度の歯列不正の改善にも適しています。すきっ歯など、前歯の形が悪い状態を短期間で改善することができます。

セラミッククラウンで改善しましょう!

セラミッククラウンとは、文字どおりセラミックでできた被せもの(差し歯)です。歯全体にセラミッククラウンを被せて固定することで軽微な歯並びの乱れを改善します。短期間で歯並びが整うだけでなく見た目もきれいにできるため、多くの方に選ばれています。

マウスピース


マウスピースは大きく分けて、治療用のマウスピースと、スポーツ時のケガを予防するためのマウスピースがあります。

治療用のマウスピース

筋の緊張を取り除いたり、顎にかかる負担を軽減したり、噛み合わせを安定させたりすることを目的として使用します。当クリニックでは、噛む力のコントロールの一環として、就寝中のマウスピース装着を推奨しています。

食事のときに歯にかかる力は約1kgと言われていますが、無意識のうちに行っている食いしばりや歯ぎしりは、体重の約2倍もの力がかかっていると言われています。奥歯ほど、その負担を受けやすいため、食いしばりや歯ぎしりは奥歯を失う原因ともなっているのです。

起きているときの食いしばりは行動・認知療法によって防げますが、寝ているときの歯ぎしり・食いしばりは意識的にコントロールすることはできません。そこで、効果的なのがマウスピースです。就寝中にマウスピースを装着することで、歯ぎしり・食いしばりをコントロールして歯や顎にかかる負担を軽減します。マウスピースは顎関節症の方、歯周病の方、セラミックの被せ物治療をしている方、インプラント治療をしている方にも有効です。

マウスピース装着の効果

(1)歯ぎしりや食いしばりによる負担から奥歯を守ることができる
(2)顎関節症の症状改善が期待できる

スポーツ用のマウスピース

スポーツ時の接触などで起こる歯や口腔内のケガを予防するためのマウスピースです。強い衝撃を受けたときに脳に伝わる力を緩和して脳震盪(のうしんとう)を予防する効果があるほか、噛み合わせがよくなることにより、瞬発力や集中力の向上も期待できます。

スポーツ用のマウスピースは、様々な材質・タイプがあります。当クリニックでは、外傷に強いオーダーメイドタイプ採用するとともに、スポーツの種類によって厚さや材質、作り方を変えています。

目立たない矯正「インビザライン」とは?

寝ている間の矯正「DENマウスピース」とは?

目立たない矯正「インビザライン」とは?

目立たたない矯正「インビザライン」とは?

インビザラインは、透明なマウスピースのような矯正装置のことです。一人ひとりの患者様に合わせてカスタムオーダーで製造した「アライナー」と呼ばれる装置を装着し、治療の進行状況に合わせて1.5~3ヶ月ごとに新しいアライナーに付け替えていきます。

インビザライン矯正の特徴

違和感、痛みが
ほとんどない

従来の矯正装置のようにブラケットやワイヤーを使用しないため、装置が粘膜や舌にあたる痛みがなく、付けているのがほとんど分からないくらい快適です。また、歯の移動中に痛みを感じることもありません。

食事・ケアが通常どおり

アライナーは自由に取り外できるので、矯正前と変わらない食生活が可能です。また、毎日のブラッシングも普段どおりに行え、虫歯や歯周病になるリスクも抑えられます。

金属アレルギーの
心配がない

アライナーはプラスチックでできているため、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。

透明で目立たない

アライナーは透明なので、口を開けても目立たないのが特徴です。

話しやすい

アライナーは薄くなめらかなので、話しにくさや発音障害がありません。接客業の方なども気軽に矯正をはじめられます。

ホワイトニングが
同時にできる

アライナーの中にホワイトニング剤を入れることで、ホワイトニングも同時に行うことができます。

インビザラインによる矯正治療の流れ

Step1 相談
お口のお悩みをお伺いして、必要な処置や治療期間、費用などをご説明します。

Step2 精密検査
インビザライン矯正に必要なレントゲン撮影、口腔内写真撮影、歯型の印象採取といった検査を行います

Step3 コンサルテーション
検査結果に基づいて治療計画を立て、ご説明します。

Step4 インビザラインの発注
治療計画に問題がなければ、インビザラインを発注します。

Step5 治療開始
2~3ヶ月分のアライナーをお渡しし、ご自宅で1日20時間装着していただきます。2週間ごとに次のステップのインビザラインに交換していただきます。1.5~3ヶ月ごとにご来院いただき、インビザライン使用状況や口腔内の状態を確認します。

Step6 治療完了
インビザラインの全セットの装着が終了したら治療完了です。ご来院いただき、最終的な咬み合わせをチェックして、問題なければメインテナンスへ移行します。

Step7 メインテナンス
リテーナーを装着して歯が元に戻るのを防ぎます。3~6ヶ月ごとにご来院いただき、歯並びのチェックを行います。平均的な保定期間は約2年です。

寝ている間の矯正「DENマウスピース」とは?

DENマウスピースは、インビザライン同様、透明なマウスピースを用いた矯正治療のことです。一人ひとりの患者様に合わせてカスタムオーダーで製造した装置の装着時間は、1日8~10時間。定期的な歯型採りを行って調整した装置を継続して装着することで歯並びを整えます。

DENマウスピース矯正の特徴

装着時間が短い
寝ている間に矯正が出来る

1日のマウスピースの装着時間は睡眠時間を含めた8~10時間。他の矯正法に比べて装着時間が極端に短い分、身体的、精神的負担が少なくて済みます。

痛くない・傷つかない
従来法に比べてストレス軽減

マウスピースなので、ワイヤー矯正のような器具により口腔内を傷つけることはありません。装着時間も短いので痛みやストレスがほとんどありません。

虫歯の治療もOK
柔軟に対応できるから安心

DENマウスピースは来院ごとに型取りを行うため、矯正中でも虫歯の治療や歯冠の修復等を行うことができ、一人一人に合わせた柔軟な治療が可能です。

気づかれない
誰にも知られず矯正できる

透明で目立たないうえ、仕事中や人に会う時など日中はマウスピースをつける必要がないので、誰にも知られずに矯正治療が可能です。

いつでも取り外しOK
食事も歯磨きも簡単

食事や歯磨きの時は取り外しが可能なため、矯正を始めても今まで通りの生活を送ることができます。手軽に、ファッショナブルに矯正が可能です。

DENマウスピースによる矯正治療の流れ

Step1 カウンセリング
まずは歯列矯正のカウンセリングを行います。また、レントゲン撮影を行い、現状を詳しく調査した上で、治療法や期間、費用等についてご説明させて頂きます。(1日目約30分)

Step2 治療プランの説明
診断模型とレントゲンを見ながら、治療プランのご説明をいたします。治療費と治療期間を記載した申込書をお渡しします。(2日目約20分)

Step3 矯正治療開始
マウスピース作成模型の型取りを行い、マウスピースを作製・調整し、お渡しします。いよいよ矯正の始まりです。毎日8~10時間程度装着して頂きます。

Step4 矯正治療期間
矯正を始めると少しずつ歯が動いてきます。定期的に歯型を取り、マウスピースを調整し、お渡しします。
矯正期間中、繰り返します。(再診日約20分)

Step5 保定期間
移動が終了したら、1年間に3~6回の後戻りの確認をいたします。保定用のマウスピースをお渡しし、次の型取りを行います。保定期間中、繰り返します。(毎回20分)

プレオルソマウスピース

プレオルソマウスピース

「プレオルソマウスピース」はインビザラインやDENマウスピースと同様に、マウスピースを用いた矯正方法のひとつ。舌を正しい位置へと導き、舌や唇の筋肉を訓練することができる、4歳から9歳ぐらいまでのお子さまに適した矯正治療法です。プレオルソマウスピースには、以下のような特長があります。

プレオルソマウスピースの3つの特長

歯型を取る必要がない

小児矯正において、嫌がるお子さまの歯型を取る(粘土状の材料をお口の中に入れる)のはとても難しい作業です。プレオルソマウスピースは既製品なので、そもそも歯型を取る必要がありません。歯型の採取を強要することなく治療を始められます。

シリコン由来の素材
なのでやわらかい

子供が嫌がる固いレジン(歯科用プラスチック)製でなく、シリコン由来のやわらかい素材でマウスピースができています。そのため装着感が非常に良く、痛みもほとんど出ないので、嫌がらずに装置を使っていただけます。

調整が簡単

従来の矯正装置には調整が難しいという特徴がありましたが、プレオルソマウスピースならお湯などで熱を加えることによって形状を変えることができるため、調整が容易に。これが、来院回数を減らすことにつながります。

プレオルソマウスピースのラインナップ

堺市南区・光明池駅前の歯医者「医療法人のはら歯科クリニック」で取り扱っているプレオルソマウスピースは以下の3種類です。

Type-I Type-II Type-III
出っ歯や深い咬み合わせを改善したい場合(上顎前突、叢生、過蓋咬合の矯正および各種保定) 前歯が咬み合わない症状を改善したい場合(開咬の矯正および各種保定) 受け口の症状を改善したい場合(反対咬合、逆被蓋の矯正および各種保定)

ドクター野原のワンポイントアドバイス

ドクター野原のワンポイントアドバイス

医療法人のはら歯科クリニックには、「歯並びの見た目をキレイにしてほしい」というご要望をお持ちの患者さまがよくいらっしゃいます。しかし当院では、矯正治療はただ単に見た目をキレイにするためだけの手段ではなく、口腔内を総合的に改善するための手段であると考えています。

「見た目をキレイにする」のももちろん重要ですが、矯正治療によって見た目だけでなく機能面もしっかり改善して健康維持を行いましょう、ということです。

ドクター野原のワンポイントアドバイス

歯科先進国と呼ばれる欧米諸国では歯列矯正を受ける方の割合がとても多く、歯やお口まわりの見た目を整えることは一般的なマナーであると考えられています。アメリカでは歯並びが悪いと進学や就職に悪影響があり、「まず口元を見てから人物を見る」と言いきっている面接官もいるほどです。これは、歯や歯並びが相手に与える印象がとても大きいことと無関係ではありません。歯並びをキレイにすることには予防効果もありますので、見た目も健康も、どちらもしっかり意識していきたいものですね。

医療法人のはら歯科クリニックでは、矯正治療やラミネートベニア、セラミッククラウンによる施術を行っています。「歯並びが悪い」「噛み合わせが悪い」といったお悩みがある方は、お気軽に当クリニックまでご相談ください。

こんな地域からもご来院頂いております

堺市南区・光明池駅前の歯医者、医療法人のはら歯科クリニック
和泉中央、原山台、城山台、深井、光明台、室堂町、赤坂台、泉ヶ丘、庭代台、伏屋町、栂・美木多、いぶき野、のぞみ野、鴨谷台、光明池、堺市南区、和泉市、新桧尾台、なかもず、堺市など
たくさんの地域から患者様が来院されております。

医療法人のはら歯科クリニック堺マウスピース矯正センター併設

平日20時まで

個室診療バリアフリー

キッズコーナーおむつ替えシート

駅から徒歩2分

デジタルレントゲン

住所
〒590-0138
大阪府堺市南区鴨谷台2-1-7
ダイエーデッキ出口前
電話番号
072-294-8241

診療時間

当クリニックにお車でお越しになる方は、近隣のパーキング(どちらでも可)をご利用のうえ、受付に駐車券をご提示ください

34.472911, 135.476122

のはら歯科クリニック

34.472911, 135.476122

詳しい医院情報はこちら