乳幼児のバイオセラピー

12月のブログにも少しお話しましたが、今月もセミナーに参加したときのお話をしたいと思います。

  • 歯列不正の原因に、顎の成長不足(叢生)が40%
  • 悪いクセ・悪い習慣(上顎前突・下顎前突など)が40%
  • 生える歯の位置が悪い・歯の数が多い・歯の数が少ないが20%おこります。

これらは理由があって歯並びが悪くなるので、正しい姿勢・嚥下・呼吸・食べ方を赤ちゃんのころから獲得すれば、矯正治療は必要なくなるのではというお話でした。

その内容は、生まれてから3~4か月頃までは、胎内に近い環境にするために、まんまる抱っこにしたり、発達の順序性(寝返り→ずりばい→ハイハイ→自座位)を守る。特にハイハイはしっかり行う。

首がすわったら、授乳するとき、お母さんが正しい姿勢で赤ちゃんの首を支えて、赤ちゃんのお尻を上げ、大人でも飲める姿勢にしてあげる。口呼吸を防ぐには頭を支える事。

口を触る=赤ちゃんは原始反射があるので、赤ちゃんの唇を綿棒で触ったり、舌と口の中、周りを触るとお口を閉じるそうです。

また、前歯が生え揃う1歳前後からは、手づかみ食べをさせましょう。

奥歯が生えてくる1歳半くらいからは、食べ物の大きさ、硬さに変化をつけて「噛む」という感覚をきたえましょう。

正しい食べ方により、発育が刺激され、乳歯のときに隙間がない子どもでも、期待できるようです。

たくさんお話を聞いた中のごく一部ですが、ぜひご家庭で実践してみてくださいね。

光明地駅から徒歩2分医療法人
のはら歯科クリニック
医療法人のはら歯科クリニック堺マウスピース矯正センター併設

平日20時
まで診療

個別診療
バリアフリー設計

キッズコーナー設置・おむつ替えシート

駅から
徒歩2分

デジタル
レントゲン

住所
〒590-0138
大阪府堺市南区鴨谷台2-1-7
ダイエーデッキ出口前
電話番号
072-294-8241

診療時間

当クリニックにお車でお越しになる方は、近隣のパーキング(どちらでも可)をご利用のうえ、受付に駐車券をご提示ください

詳しい医院情報はこちら